だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

言われてみたい♡プロポーズの言葉

「雅子さんのことは僕が一生全力でお守りします」

 

ご存知、天皇陛下が皇太子時代に雅子さまへ贈ったプロポーズの言葉である。

 

f:id:syouyudango:20191116090257j:plain

 

この言葉に感銘を受けた女性は数知れないと思う。

かくいう私ももちろん目が♡♡♡になったのは言うまでもない。

 

ほれたわ (o´∪`o)ポッ゚+.゚

 

 

「だいじょうさい」と打って大嘗祭と一発変換されたることにちょっとびっくりした。

 f:id:syouyudango:20191116091223j:plain

 

昨日、この大嘗祭のメインイベントともなる「大嘗宮の儀」がとり行われた。

新たに即位した天皇による一世一代の儀式。

今回これにかけられた費用が24億円超だそうだ。

 

「そんな金があるなら台風被害者に配分しろ」

 

などとわけのわからないことを叫んでいたグループがいたが、この方々はどちらのお国の方だろう。

天皇陛下が即位した時だけに行われる重要な儀式であり、悠久の歴史の中で、綿々と受け継がれてきた日本の貴重な文化である。

私には決して無駄なこととは思えない。

そして、私の収めた税金を使っていただいたことに、何ら不満はない(`・ω・´)キリッ!

(いうほど収めてはいないけど…)

 

一年前、弟である秋篠宮殿下が、

「身の丈にあった儀式を」

とおっしゃっていたのを思い出す。

 

「身の丈」を考えるのだとしたら、天皇陛下には「丈」などないのではないだろうか。

天皇陛下といえども、もちろん私達と同じ人間である。

それと同時に、私達とは違う人間なのだと思う。

そう、特別な存在。

理屈などいらない。

 

しいて言うなら、両陛下の姿を拝見しただけで、なぜかわからないけどグッとくる。

それが何より特別な人という証明だと思うのだ。

 

それにしても雅子様

最近ずいぶんお元気になられたようだ。

そのご活躍には目を見張るものがある。

 

輝かしいキャリアを捨てて皇室に嫁ぎ、自らの『個』を封印しなくてはならないという現実は、さぞかし辛かったと思う。

誰とは言わないが、ごくお近くに

「一個人としての希望がかなうように」

と言い放った方がいたっけ。

もう少しだけ考えてからご発言をお願いしたい。

 

ついこの前まではサボりとか怠け者とか皇太子妃失格とか、まあエライ言われようだった。

挙句の果てに人格否定発言まで飛び出す始末。

そして皇室記者の中には「雅子」と呼び捨てにする輩までいたそうだ。

 

そんな雅子さまをずっと支えていたのが皇太子殿下である。

ココで出て来るのが冒頭の言葉。

 

「一生全力で守ります」

 

この言葉に嘘はなかったね。

 

あああ、書いているだけで泣けてくるよ。

こんな人っている?

世の独身女性の皆さん、ナルちゃんみたいな男性を見つけなよ。

 

そこらへんにいるとは思えないけども。。。

 

私のプロポーズの言葉?

 

 

 

おしえないよおおおおおお

…だ。(*σ´┰`)アッカンベェー 

 

~今日の一句~

  最近は ようやく『令和』に 慣れてきた