だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

誕生日=出産記念日

幼い頃から『子どもは3人』と決めていた。

 

f:id:syouyudango:20191207093031j:plain

 

私自身、3人兄弟の末っ子。

その恩恵をありがたく受け続けて育った。

姉や兄はどう思っていたか知らないが、末っ子で損をしたことと言えば、洋服がお下がりだったことだけ。

その程度のことしか思い浮かばない。

不思議なことに妹や弟が欲しいとは一度も思わなかった。

それだけ居心地のいいポジションだったのだと思う。

 

本日、娘の誕生日。

あっという間に26歳である。

 

f:id:syouyudango:20191207093047j:plain

 

上ふたりが男だったこともあり、3番目は絶対女の子希望!

 

テレビ画面に神社仏閣が映し出されると必ず手を合わせていた。

『女の子が来ますように♡』

 

科学的根拠があるとは思えないが、

『夫は野菜、妻は肉』理論にも挑戦した。

 

でも

妊娠中は上ふたりの時と全く同じつわり加減で、『こりゃまた男だな』…と思っていた。

十中八九、オトコだと思ってはいたが、一縷の望みを捨てたわけでもない。

だから出産前の性別診断も、あえて聞かなかった。

「男の子です」と言われたら、出産までの数か月間を心穏やかに過ごせる自信がなかったのだ。

 

そして12月7日、出産。

 

 f:id:syouyudango:20191207093107j:plain

 

女の子がやって来た!

 

あなたにあえて本当によかった。

嬉しくて嬉しくて言葉にできない。

 

by オフコース 

 

皇后雅子さま愛子さまを出産された際に、

「生まれて来てくれてありがとう」と仰っていたが、

その気持ち、よーくわかる。

 

そんな子どもでも、成長するにつれてお決まりのように

「産んでくれなんて頼んだ覚えはない!」

などと言い放つようになる。

 

我が家には若干一名、荒れていた時代にこのようなことをほざいたやつがいる。

でも母たるもの、その程度のことでうろたえてはいけないのだ。

すかさず言ったね。

 

「産んでくれって言っただろ!忘れたんかい!!」

…と。

 

そんな子ども達もそれなりの年齢になり、それぞれ立派に(普通に)社会人をしている。

今のところ、どの子も結婚する気ゼロなので、もしかしたら一生孫の顔を見ることはないかもしれない。

 

でもさ、

この前娘が

母子手帳ってどこでもらえるのかなぁ』とつぶやいていた。

 

?????

 

どーゆーこと?

何があった??

 

一瞬青ざめたが、自身のことではなかったようだ。

よかった。。。。。

 

そんな娘は、本日朝一で東京へ向かった。

朝6時前に新潟駅へ送って来たのでちょっとだけ眠い。

ところで娘、ナニしに行ったのかな?

あえて聞きはしなかったが、東京のお友達と誕生パーティーか???

最終で帰ってくるということなので、また夜中にお迎えに行かなくてはならない。

 

今日は除雪用具の準備をする。

ママさんダンプ、スコップ、車の雪落とし棒←名前がワカラナイ、解氷スプレー等々。

 

~今日の一句~

  洗濯が 全く乾かず 困ります