だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

うわっ!?アクシデント!!

本日、

夫、

手術。

 

f:id:syouyudango:20200615140509j:image

 

午後からの予定と聞いていたのだが、

午前の手術の進捗状況により、

早まったり

遅くなったり、

ということで、早めに病院に到着。

 

しかし、

あまりに早すぎるのもなんだから、

しばらく外来待合で時間を潰していた。

 

何故だかドキドキ。

 

夫からは何度となくメール着信。

 

「ついたら病室に来て」

 

って、病室には行けないんだってば!

 

「それでも来て!」

 

って、子どもか!?

 

行かないよーだ 😜

 

11時半前に4階病棟デイルーム(談話室)へ。

 

看護師、掃除の人、事務の人、

あっちへ走り、こっちへ走りで

みんな忙しそう。

 

どこかの職場とは大違いだ。

 

12時半に手術室へ移動。

私も一緒に手術室前迄同行。

 

看護師さんに

「お顔、見ますか?」

と言われて、苦笑い。

 

まだ生きてるし。

 

こーゆーの

お決まりのコースなの?

 

手術は約3時間の予定。

 

f:id:syouyudango:20200615140536j:image

 

夫は

寝ているだけのまな板の上のコイ。

私は

ひたすら待ち続けるだけの待つ身のオンナ。

 

手術室から歩いて帰ってきたら笑えるのに…

伝説の患者になれるのに…

などとアホなことを考えたりしていた。

 

とりあえず

寝ているだけとはいえ、

気持ちは頑張っているのだろうと思い、

私も何もたべずに待機。

 

夫唱婦随ってこういう時に使ってOK?

 

14時50分、

病室の前に待機していたベッドが手術室に移動。

 

手術終わったな。

 

予定通りだ。

 

と思ったのも束の間。

 

術後せん妄?が激しくて

本日付き添いで泊まりとなっってしまった。(;_;)

 

窓の外は梅雨の合間の穏やかな青空。

寒くもなく、

暑くもなく、、

実にいい日だった。

 

間もなく

夫は1ヶ月間の痛みから解放される(予定)はずだったのだが、

その前にちょいとアクシデント。

 

不死鳥の如く再生してくれることを心から願う。

 

長い夜が始まる。

 

f:id:syouyudango:20200615141350j:image

 

〜今日の一句〜

今回は 私が頑張る 番なんだ!