だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

今季一番の寒気

暖冬暖冬と言われつつ、2月も中旬に差し掛かって来た。

 

ここへ来て、

 

強烈な寒気団がやって来る!

 

ということなので、

雪がないから…と、昨年末に再度外に出していた植木鉢をまた再び玄関に入れた。

大切にしている『カネの成る木』だから枯らすわけにはいかないのだ ٩(๑`^´๑)۶

 

そして

 

今季一番の大寒気到来!

 

から数日経過したが、

 

積雪

 

センチメートル!

 

それも車の上のみで、道路は濡れてるだけだ。

 

www.syouyudango.com

 

www.syouyudango.com

 

今年はやっぱり暖冬だ (*⁰▿⁰*)

 

f:id:syouyudango:20200208093511j:image

 

暖冬で嬉しいことといえば、雪かきをしなくて済むこと。

雪かきそのものももちろん大変なのだけど、それ以上に何が大変って言えば、雪かきしたあとの雪の行方である。

 

f:id:syouyudango:20200208093540j:image

 

隣の団地は道路に消雪パイプが敷設されている。

駐車場の雪を道路に投げ出しておけば、地下水が融雪してくれるという仕組みだ。

 

本来はNGな行為である。

除雪車のおじさんに見つかったら怒られるはず。

でもみんなやっている。

雪を捨てる場所がないから、そうせざるを得ないのだ。

 

かたや我が団地。

隣よりは相当新しく造成された団地だというのに、何故か消雪パイプを敷設してもらえなかった。

ということで、我々には雪を捨てる場所がないのである。

 

さあ、どうするか!?

 

用水路に近い家の人は、雪をママさんダンプに載せ、数十㍍の距離を果てしない回数往復して捨てに行くのだ。

 

我が家は用水路も遠くはないのだが、幸いなことに隣が一軒分まるまる畑で、

大変申し訳ないが、そちらに積ませてもらっている。

許可は取っていない。

 

さて、

問題なのは用水路も畑も遠いお宅。

 

この方々がどうしているか…というと、

自分の駐車スペースの後ろに雪を積むしかない。

すると必然的に、車の頭が道路にはみ出ることになる。

仕方がないとは思うが、それでなくても広くはない道路がいつも以上に狭くなるのだ。

 

積雪でガッガタの道路で、すれ違うのがギリギリだと、私としてはすごく困るんだよね。

そんな時はじっと停まって相手に動いてもらうしかない。

『私の車に擦るなよ』d( ̄  ̄)

と心の中で思いつつ。。。

  

f:id:syouyudango:20200208093527j:image

 

そんな心配がまるっきりない今年。

やっぱりラクだ。

肉体的にも

精神的にも

金銭的にもラク

 

願わくばこのまま春が訪れてくれることを願わずにいられない。

 

〜今日の一句〜

 窓の外 雪は降るけど 積もらない